2014年01月27日

北海道の旅2013 8

 礼文島4日目。
 今日は同宿の人達と礼文岳登山。
 礼文岳は低い山ですが、島の全景や利尻、天気が良ければサハリンまで望めます。

 道中には小さな蘭の仲間が咲いていました。

 偽頂上を越え、遂に山頂に到着。
 鬼嫁のご主人がクーラーで全員分のお酒を冷やして持ってきてくれました。
 カクテルで乾杯し、山頂は居酒屋状態になりました。

999398_501414676604503_466807921_n.jpg

970436_501414823271155_1965044131_n.jpg

 その後、雲海茶会。居酒屋が茶室になりました。


375666_501414883271149_201412084_n.jpg

7月31日 礼文岳雲海茶会

   会記

 瓶掛 チタン製ケトル

   southfield製ガスコンロ

茶器 義山

茶杓 銘 夏山           拙作

茶碗 草花文            田頭由起作

建水 アルマイト製ボウル

茶巾筒 銀

菓子 旅まくら            両口屋製

菓子器 四方盆

  以上




posted by 吟遊詩人 at 17:23| 愛知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

北海道の旅2013 7

 礼文島3日目。
 朝一番のフェリーで島抜けする人達を見送りに行く。
 今回の旅で一番利尻が綺麗に見えた。

CAF8XCHQ.jpg

 今日は単独で礼文滝に行くことに決めた。
 レブンウスユキソウ群生地は、ウスユキソウが何年に一度かという位多く咲いており、見応えがあった。

CA3FMCQC.jpg

 通称ハイジの谷を抜けて、礼文滝へ向かう。曇天なので、谷と海の景観は今一つだったが、ここにもウスユキソウが可憐に咲いており、心を和ませてくれた。

CAY15C08.jpg

 礼文滝に到着する。
 左手に滝、右手に海という絶好のロケーションで、野点をした。
 微かに海風が吹き、心地良い時間が過ぎていく。

7月30日 礼文滝茶会

   会記

 瓶掛 チタン製ケトル

   southfield製ガスコンロ

茶器 義山

茶杓 銘 海風           拙作

茶碗 草花文            田頭由起作

建水 アルマイト製ボウル

茶巾筒 銀

菓子 二人静            両口屋製

菓子器 四方盆

           以上

1014194_500817459997558_187973575_n.jpg

 香深まで歩き、丁度いい位に空腹になったので、「海鮮かふか」で昼食にした。
 今日は天丼にしてみた。1000円でこのボリュームである。

CAJX6KQD.jpg

 食後は「風露」でお茶にする。
 今日もケーキセットにしたが、ロールケーキは初日に食べたのでチーズケーキにしてみた。これも美味かった。

CAR68GWA.jpg

 その後は「うすゆきの湯」で汗を流し、のんびり過ごした。

BQbSfDnCcAAgzFJ.jpg

 この日は、今回の旅で唯一夕日を見ることができ、星も綺麗だった。
 道に寝転んで眺めると、幾筋も星が流れて行った。

posted by 吟遊詩人 at 18:33| 愛知 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギャルリ百草 「お茶の愉しみ お酒の悦び」展

 台風一過の晴天の中、多治見のギャルリ百草(ももぐさ)に行ってきた。

1186176_522296517849652_1654724850_n.jpg

 現在は「お茶の愉しみ お酒の悦び」展を開催中。
 好きな作家の内田鋼一さんや、長谷川竹次郎さんの作品もあり、茶道具好きにはたまらないものがある。
 現代作家だけでなく古道具もあり、非常に見応えがあった。
 29日(日)まで。

 百草カフェでは、コーヒーと抹茶ケーキをいただいた。526544_522296567849647_512331141_n.jpg




posted by 吟遊詩人 at 17:35| 愛知 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。